手数料がバカにならないことがある!?ファクタリングに潜むデメリットとは

ある商品を売ってその場で代金を受け取れれば話は別ですが、日本企業においては企業間信用取引といって代金を後から受け取ることになっています。

しかし入金が全くなければ売った側は損することになってしまいます。

そこで出てくるのがファクタリングです。

ここではファクタリングについて解説します。

どういう時にファクタリングを利用すべきか

日本企業だからといって何でもかんでもファクタリングを利用すれば良いわけではありません。

実は適切なタイミングが存在するのです。

例えば現金が不足してしまい、資金繰りに困っているような場合です。

例えば1,000万円の商品を売却して代金は後日払いになったとしましょう。

期日までに入金されれば問題ないですが、それを過ぎても支払われないケースもかなり多いのです。

このような状態がいつまでも続くと売り手は資金繰りに困ってしまい倒産に追い込まれる可能性も出てきてしまいます。

そこでファクタリングを利用するのです。

これによって売掛金をすぐに現金にできるので、資金繰りを改善することができます。

ファクタリング会社はそれぞれに特徴があるため安易に選ぶべきではありませんが、期日が迫ってきたなと感じた時には特徴を理解して事前に会社を決めておくと良いでしょう。

ファクタリングにはこんなデメリットがある

これだけ聞くと最高のサービスのように思えるファクタリングですが、実はいくつかデメリットがあります。

最も指摘されるのが手数料の存在です。

ファクタリングには2社間と3社間があるのですが、後者の方が基本的には手数料が安く済みます。

しかし2社間ですとそもそも初めから高く手数料が設定されていますので、これが大きなダメージとなる会社も少なくありません。

また、会社の信用情報次第ではファクタリング会社から契約を拒否されたり最悪の場合契約額が売掛金の額を下回ることもあるのです。

ファクタリングをするにはファクタリング会社を選ぶことになりますが、その選び方にもコツがあります。

手数料がどれくらいなのか、入金までどれくらい時間がかかるのかを確認することです。

ここではデメリットを紹介しましたがメリットもたくさんありますので、困ったときにはファクタリングを利用しましょう。

PRサイト 会社の資金繰りにお困りの方はコチラ
https://www.kariiku.online/
【カリイク】ファクタリングサービスで早期資金化を実現する!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。